種類と分類

パワーストーンの間違った使い方

近年ではパワーストーンの需要が急激に高まっている事から、その利用者も増え続けている傾向に有ります。
中では人気だから、友達も身に付けているから、と言う理由で使用している方も少なくは無いのですが、実はその事がパワーストーンの力を損ねてしまう事も多いのです。
パワーストーンには正確な使用方法であったり手入れの仕方が決められており、その方法に則して使わない限り効果を得ることが出来ないのです。

だからこそ、パワーストーンを使用する前に絶対に知っておきたい間違った使い方について、ご紹介します。
まずはパワーストーンがどのような働きを持っているか、と言う事なのですが、自然界のエネルギーを蓄えた石で形成されているので、購入した際には善のエネルギーで構成されています。
しかし、使用しているうちに人間の負の感情や悪い物を取り払っていくので、しだいにパワーストーンには悪のエネルギーが溜まっていきます。

そうなれば、パワーストーンとして効果を発揮するだけでなく、むしろ石に対しての負担が物凄く大きくなっているのです。
だからこそ定期的に悪のエネルギーを排出しておく必要があり、その為に存在するのが浄化と言う作業なのです。
水にさらす方法や日光に当てたり、塩を使って浄化する事も有るのですが、その方法は石の種類によって決められた事なので厳密に調べて置く必要があるでしょう。

もちろん誤った浄化の仕方を試してしまえば、石自体に傷をつけてしまったり善のエネルギーを排出できない事になってしまいますので、正しい浄化方法を把握しておきましょう。
パワーストーンの力を最大に受けるためにも、このように正しい使用方法を知っておくことが最前提となってくるのです。
しっかりと悪のエネルギーを排出して再び0の状態に戻す事によって、パワーストーンから効果を長期間受け続ける事が出来ます。
絶対に傷を付けてしまったり誤った方法で浄化をしない為にも、パワーストーンのこのような知識を持っておく事でいつまでも効果を発揮してくれるのです。

このページの先頭へ